子供服とは

| 子供服

子供服(こどもふく)とは、子ども用に考案・製造された衣料品のこと。
ここでいう子どもとは、衣料表記上16歳未満、身長160センチ以下(実質上は小学生以下)の者のことを指す。

中世以前の服装は、身分により区別されており、大人とは異なる子供服が開発されたのは身分制度が解体した17世紀以降のことである。

半ズボンに代表されるように、かつての子供服は子どもらしさや可愛らしさを引き出すことをコンセプトに考案された。
1990年代後半からは子どもらしさが嫌われて、実年齢よりも年上に見せるような若者服のデザインをそのまま使用する傾向があり、チェーンや髑髏といった物を付けた物まで現れている。

また、女の子用の服に至ってはデザイン面で中高生用の物と遜色が無い物も多く、現在では子供服というカテゴリー自体も揺らぎ始めている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
posted by ふぅみん at 02:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供服
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。